2月8日「スパの日」制定

2015年6月30日

2月8日を「スパの日」に制定
スパのある暮らしで健康と美の維持・増進を目指します

特定非営利活動法人日本スパ振興協会(以下日本スパ振興協会)は、
スパ※1を利用することによる人々の健康と美の維持・回復・増進に寄与するため、
2月8日を「スパの日」と制定したことを発表します。これにより、スパの認知拡大を図り、
スパの利用促進のための様々な活動を行っていく予定です。
詳細は随時ニュースリリースとウェブサイトで発表します。

日本スパ振興協会は、2月8日を「スパの日」と制定、一般社団法人日本記念日協会認定に登録を申請し、2015年6月15日付けで制定されました。2と8で(Two ツー、パ) ="スパ"の語呂合わせからきています。
 また、2013年より毎年行っているイベント「スパ&ウエルネスウィーク」 ※2は、スパの魅力を多くの方に知っていただき、もっと身近なものとして、美と健康のために普段からスパを利用していただくことを目指しています。この「スパ&ウエルネスウィーク」の開催月でもあることから、2月8日を「スパの日」としました。
 ラグジュアリーなホテルスパやリゾートスパ、温泉旅館スパのほか、温浴スパ、デイスパ、ビューティサロンなどの全国の参加スパでこの期間だけの特別メニューを特別価格で体験できます。3回目の開催となった2015年は2月14日(土)〜3月15日(日)に全国約90の施設で開催されました。2016年は2月1日(月)〜2月29日(月)に開催する予定です。
※1:スパとは「健康と美の維持・回復・増進を目的とする施設の総称」と定義しています。(日本スパ振興協会、2006年制定)
※2「スパ&ウエルネスウィーク」は、一般社団法人スパ&ウエルネスウィークが主催しており、理事長の岡田友悟が同じく代表理事を務めています。

150630スパの日制定リリースNSPA.pdf


ページトップへ